"

■『Save the ass!』って何? 『Save the Earth!(地球を守ろう)』じゃないの?

“Save the Earth!”
もはや地球環境保護の代名詞であるこのフレーズ
日本人が発音すると、ネイティブには全く違う意味に聞こえるという

以下は世界の反応

◆23歳 アメリカ
HAHAHAHA!!!
ゲイかお前は

◆31歳 イギリス
オーケイみんな、俺が日本を愛してやまない理由がこれさ。

◆8歳 スワジランド
人は何か意見をするとき、自己の正当性という誰もが大好きな弱さを武器にする。
そうだ。どんな人間も最期まで自分の正しい世界に生き、死んでいくのだ。

◆27歳 シンガポール
ワオ!すごいエキサイティングだね!

◆17歳 メキシコ
こういうのが日本の悪いところだって、パパが言ってたよ。
シリアルにミルクをかけながら言ってたよ。

http://ejje.weblio.jp/content/save+one’s+ass
"

「Save the ass!(肛門を守ろう)」 日本人の滑舌の悪さに世界が冷笑 - 【2ch】ニュー速クオリティ (via darylfranz)

(darylfranzから)

43 リアクション

"

新入社員が退職した。
入社してわずか10日。

「この会社は自分に合わないと感じた」というのが退職理由。
あまりにも漠然とした理由なので、具体的になにがどう合わないと感じたのか尋ねてみた。
すると。
「販売はアルバイトの延長のような仕事。ずっと続けていく気にならないし、自分に向かない」とのことだった。

当社では、2週間の新入社員研修期間中に売場での販売実習を数日行なう。
講義とロールプレイングで学んだ接客応対技術を、実際に売場で体験するのが目的だ。
その実習の結果、新入社員のKさんは「自分に合わない」と思ったそうだ。
辞めてどうするのか、Kさんに聞いてみた。
「公務員を目指します。」

まただ。採用や研修を担当していると、毎年必ずこういう若者と遭遇する。
「安定していて、楽そうだから」という、かつての私と同じ発想。

いや、決めつけるのはよくない。公務員(地方上級とのことだった)を目指す、彼なりの確固たる理由があるのかもしれない。

「公務員になりたいのは、なぜ?」
「地域の人たちに貢献したいからです。」
「地域の人に貢献というと、具体的にはどういうことをしたいの?」
「・・・市役所の窓口で、住民の相談に乗ったりとか・・・」
「ヨドバシカメラの店でお客様の相談に乗るのはアルバイトの延長にすぎないと思うのに、市役所で住民の相談に乗るのはやりがいがあると思うんだね。それはどうして?」
「・・・いや、その・・・民間とは違う、というか・・・」

ああ、やっぱり。「安定」「楽そう」公務員志望シンドロームだ。
その発想が悪いとは言わない。
しかし、それだけでは信念を持って公務員を目指している人たちとの選考で勝ち残るのは難しい。
また、仮に公務員になれたとしても、決して幸せにはなれない。

残念ながら、Kさんに当社での仕事を続ける気はないようだったので、慰留は諦めた。
しかし、わずか10日とはいえ同じ会社で勤めた仲間である。不幸にはなってほしくない。
Kさんには迷惑だったかもしれないが、私なりの「働いて幸せ」という状態を実現するための考え方を伝えることにした。

「Kさん。君はゲームが好きだったね。」
「え?あ、まぁ、好きですね。」
「対戦ゲームは好きかい?ガンダムエクストリームバーサスとかさ。」
「好きですよ。けっこうやってます。」
「そうか。アレはおもしろいよな。僕も好きでね。いい年してゲーマーなんて恥ずかしいけど。」

なんの話なのかといぶかしげなKさんだったが、私はかまわずゲームの話を続けた。
対戦ゲームのおもしろさについてお互いにしばらく語り合ったあと、本題に入った。

「ところでKさん、ガンダムEXVSを初めてプレイする人が、対戦プレイで君に勝てるかな?」
「いやぁ、それはムリでしょう。僕、けっこう強いですよ。」
「そうか。じゃあ、初心者だとあっという間に君に負かされてしまうだろうね。」
「そうでしょうね。」
「じゃあ、質問。手も足も出せずにキミに負けた初心者くんが『ガンダムエクストリームバーサスなんてつまらない!クソゲーだ!』と言ったとしたら、Kさんはどう思う?」
「それはおかしいでしょ。ゲームがつまらないんじゃなくて、自分がヘタなだけじゃないですか。」
「そうだよな。楽しさを理解するには練習と経験が必要だよな。ちょっとやってみただけで『つまらない』とか『自分には向いていない』っていうのは、早すぎるよな。」

Kさんの表情が変わってきた。
伝わっただろうか?楽しく、幸せになるには努力や我慢も必要なのだということが。
実感できただろうか?物事の本質を理解するには、長い時間が必要なのだということが。

気のせいかもしれないが、Kさんの雰囲気が変わった気がした。
オドオドしたところが消え、目から意志が感じられるようになった。
「Kさん。社会人の時間は長い。22歳で入社して、定年は60歳。約40年もの年月だ。
つまり社会人にとって入社後の10年は、大学で言えば1年生に相当する。
たとえば大学の野球部に入部したとして、1年生のうちは球拾いやグラウンド整備、筋トレなど地味なことばかりだろう。
楽しいどころか、むしろツラいだろうね。でも、彼らは野球部を辞めない。なぜだろう?」
「・・・野球が好きだから、ですか?」

「そうだろうね。野球が好きで、うまくなりたい!という情熱がある部員は、そのつらさの向こうに自分の成長があることをイメージする。
だから乗り越えられる。逆に、なんとなく野球部に入った人はとても耐えられない。
『野球つまんね。サッカー部に行こ。』と思ってしまう。」

「・・・」

「そうやってサッカー部に移った一年生を待っているのは、やっぱり筋トレや100メートルダッシュなどの地味な練習だ。
サッカーに対する情熱がない人は『サッカーもつまんね』と思って転部する。
その後は似たり寄ったりだ。
テニス部では素振りに嫌気がさし、バスケ部ではハードさに耐えかね、吹奏楽部では音を出すのに一苦労、マンガ研究会に入ってもいきなり絵が描けるようになるわけじゃないし、演劇部では発声練習ばかり・・・すべて同じだ。
最初からいきなり上手にできたり、楽しいなんてことは滅多にない。
本当の楽しさにたどり着くには、努力と情熱が必要だ。
転職を繰り返す人は、これと同じ。楽しさにたどり着く前に職を変えてしまうから、幸せになれない。」

「・・・僕が、そうなると?」

「それはわからない。ただ、公務員を目指す理由がさっきの答えのレベルだとすると、幸せにたどり着く可能性は低いぞ。
大切な人生だ。自分がどんな職につくべきかを、もっと真剣に考えたほうがいいと思うよ。」

「・・・わかりました。ありがとうございます。」


Kさんが、どんな気持ちで私の話を聞いたのかはわからない。
「こいつウゼぇ。」と思っていたかもしれない。
しかし、相談を終え退職届を提出して去っていく時の彼は、それまでと違って後ろ向きな逃避ではない、前を向いて一歩踏み出そうとする者の顔をしていた。


————————————
就職活動サイトに掲載するエピソードとしては、シビアすぎる内容だと思います。
当社を志望する人が減ってしまうかもしれません。
それでも、就職活動中の学生の皆さんに伝えるべき内容だと考えました。
皆さんにとって「職に就く」ということを考える上での参考になれば、幸いです。


株式会社ヨドバシカメラ
採用チーム 山下敬史

"

株式会社ヨドバシカメラ の人事ブログ:新入社員が退職した。(前編)| 【就活ならリクナビ2015】新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト (via kir1ca)

(overhilowseeから)

2,238 リアクション

"470 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2014/03/13(木) 23:48:36.43 0
もう終わったことだけど、前にとある事情で借金を抱えた時がホントに最悪だったな
数百万だったから、利息とかでドエライ金額になった
おまけに当時既に長女がいたから、凄まじくきつかった

そん時思ったんだけど、この世で最も怖いのは幽霊でもお化けでもなくて、
完全に金が尽きることだな
健康で生きているのに、生きていけないほど金がない
入って来る給料はすぐに返済に吸い込まれる
金を借りることも出来ない
給料日に手取りが四桁ってのが3か月続いた時は、ホントに一家心中するかの瀬戸際だったよ
嫁さんは風俗で働くとまで言いだして、毎日が修羅場だったな

まあ最終的には何とかなったけど、あの日々があるから、多少キツイことがあっても
“あの時に比べれば大したことない”って思えるな

471 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2014/03/14(金) 00:07:41.64 0
»470
どうやって何とかなったの?
やっぱ身内に借りたとか?

474 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2014/03/14(金) 00:46:02.99 0
»471
俺の身内はほとんど疎遠だったからな
てか、そいつらのせいで借金抱えた形になったから、こっちから絶縁した
嫁は両親共亡くなってて、親族もかなり遠くにいる程度で連絡先もしらん

最後の方はホントに末期でな
あっちこっちの店で捨てる食材とか貰ってまわってた
道端で人目も気にせず土下座もしまくった
マジで古事記みたいな生活
家の中も毎日通夜みたいな雰囲気
何しろ売れるもんは全部売っちまったし、電気もブレイカー落として使わなくしてたから昼でも真っ暗
そん時は、ホントに狂ってたよ
嫁と笑いながら心中する場所を話してたこともあったし

そんな中、ある日知り合いの夫婦が家に来た
で、なぜか返済先を聞かれて、答えたら、さっさと帰ってった
そしたら、その夫婦が全額一括で支払ってた

475 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2014/03/14(金) 00:52:36.70 0
»474続き
普通に考えたら、そんなこと受けるわけにはいかないんだけど、
当時の俺は完全に人生詰んでたからな
速攻で夫婦で家に押しかけて、玄関先で土下座して号泣しながら礼を言った
そしたら、旦那さんが俺達を立たせて、
「これは僕達からのお礼なんです。○○くん(俺)は、僕を助けてくれたじゃないですか」
って言われた

その旦那さんってのが、職場の同僚で、以前仕事でやらかしてクビになるかどうかの
瀬戸際だった時に俺が色々して何とか一番軽い処分で終わったことがあった
なんでも、親父さんが亡くなって、結構な金が入り込んだらしい
その矢先、俺の家の状況を知って全額支払ってくれたんだ
俺、泣きながらありがとうしか言えなかった
嫁もその人の奥さんに介抱されながらずっと泣いてた


……やべ、思い出したら涙出てきた

477 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2014/03/14(金) 00:58:02.24 0
»475続き
それから、毎月その人にお金を渡そうとしたんだけど、頑なに受け取らなくてな
結局、その夫婦の意向で、毎月給料日にその一家に食事を驕る形しか取れなかった
その人達は、俺の一家の命の恩人だから、今でも頭が上がらん
しかも一度もその時の話を引き合いにしてこないんだよ
どんだけお人好しなんだよって感じだな

結局借金は俺じゃ返せなかったんだから無様な話だよ
でも、もしその夫婦がいなかったらって考えると、今でもゾッとする

もう一度言うけど、この世で一番怖いのは、間違いなく金だよ"

この世で最も怖いのは 続・妄想的日常 (via eternityscape)

(oxygen8から)

508 リアクション

"バカにつける薬はないと言うけど、バカがつける薬で儲けてる会社もあるんですよ、化粧品とか"

@N_write: from http://bit.ly/HhrSIQ

サプリメントとかね!コンドロイチンやー、ヒルアロン酸やー、何やー言うてね。

(via valvallow)

動物実験をしていない、危険性のある化粧品とかね

(via rurinacci)

(元記事: ibi-s (quote-over100notes-jpから))

802 リアクション

"

766 名前: タヌキ(東京都)[] 投稿日:2010/10/27(水) 20:16:31.29 ID:CahB3NTu0 [1/3]
学生とB層に売れてるのは事実なんだからいいかげん認めろよ

むかしからブームで売れる物を作るには
B層狙はなきゃだめなんだよ


電通 戦略十訓

1. もっと使わせろ
2. 捨てさせろ
3. 無駄使いさせろ
4. 季節を忘れさせろ
5. 贈り物をさせろ
6. 組み合わせで買わせろ
7. きっかけを投じろ
8. 流行遅れにさせろ
9. 気安く買わせろ
10. 混乱をつくり出せ


-
818 名前: タヌキ(東京都)[] 投稿日:2010/10/27(水) 20:29:28.14 ID:CahB3NTu0 [3/3]
ちなみに»766の逆を知っていると
豊かに生きられたりするよ

1.使うな

2.捨てるな

3.貯めろ

4.四季を堪能しろ

5.贈り物は贈るな

6.必要な物を単品で買え

7.煽りに乗るな

8.流行を追う必要は無い

9.熟考してから買え

10.混乱するな。目的を見失うな

"

ブームで売れる物を作るにはB層狙わなければいけない (via memo500000000)

(k32ruから)

1,463 リアクション

"

そうして死の1週間前の今年2月には、餓死に失敗。彼は記者にこう語ったという。

 「餓死って難しいですね。10日目に水を飲んでしまった。なぜ餓死か? いちばん苦しそうだから。やっぱり、加害者は苦しまなければならない。楽に死んではいけないんです」

 それから1週間後、A男は自らの命を絶った。

 08年に起きた秋葉原事件は、7人の命を奪い、10人を負傷させた。ワケもわからないままに命を絶ちきられた7人と、その家族。そして一命はとりとめたものの突然被害に遭遇した10人と、その家族。

 この十数年ほどで、この国ではやっと「被害者遺族」への支援や権利について語られるようになってきた。まだまだ法整備など足りないことだらけだが、「被害者遺族」がまったく顧みられなかった時代を思えば、ほんの少しだけ前進していると言えるだろう。

 一方で、加害者の家族の問題については手つかずのままだ。

 「加藤智大の弟、自殺」という一報を知った時、私の頭に浮かんだのは宮﨑勤のことだった。88年、連続幼女殺人事件を起こした宮﨑勤の父親もまた、事件後に自殺している。父親のもとには、全国から大量の非難の手紙が届いていたという。

 A男は亡くなる前、記者に「母」を案じる言葉を残している。

 「唯一心配なのは、母親です。事件発生時の母は病的に取り乱していて、思い出すといまだにザワザワします。その母親が僕の死を知ったらどうなるのか・・・」

 事件発生後、多くのメディアが加藤智大が母親から受けていたという「虐待」について書き立てた。母親は精神科に入院し、一時は誰も面会できないほどだったという。一方で父親は、勤めていた信用金庫を退職。脅迫や嫌がらせ電話が相次ぐことから電話を解約し、あの事件以降、電気をつけずロウソクの灯りで暮らしているという。ちなみに両親は既に離婚している。

 7人を殺害し、死刑囚となった長男と、自ら命を絶った次男。そしてバラバラに子どもの罪と向き合う父親と母親。

 A男は手記に、「加害者家族」の苦しみについて、書いている。

 「被害者家族は言うまでもないが、加害者家族もまた苦しんでいます。でも被害者家族の味わう苦しみに比べれば、加害者家族のそれは、遥かに軽く、取るに足りないものでしょう。
 『加害者の家族のくせに悲劇ぶるな』
 『加害者の家族には苦しむ資格すらない』
 これは一般市民の総意であり、僕も同意します。
 ただそのうえで、当事者として言っておきたいことが一つだけあります。
 そもそも、『苦しみ』とは比較できるものなのでしょうか。被害者家族と加害者家族の苦しさはまったく違う種類のものであり、どっちの方が苦しい、と比べることはできないと、僕は思うのです。
 だからこそ、僕は発言します。加害者家族側の心情ももっと発信するべきだと思うからです。
 それによって攻撃されるのは覚悟の上です、犯罪者の家族でありながら、自分が攻撃される筋合いはない、というような考えは、絶対に間違っている。
 攻撃、結構なことじゃないか。どうやったって自分たちが良い方向にはもう修正されない。だから自分が悪評で埋め尽くされ、人間らしい扱いをされなくなっても、僕は構わない」

 ある意味、ここまで覚悟していたのに、彼は命を絶ってしまった。

 置き去りにされてきた、「加害者の家族」の苦しみにも、もっと目を向けてほしい――。彼の死は、そんな命がけの訴えにも思えてくる。

 そうして「加害者」「被害者」の問題を考える上で強調しておきたいのは、日本で起きる殺人事件の約半数が「家族間」で起きているということだ。

 ということは、この国の「被害者遺族」の約半数は「加害者家族」でもあるのだ。

 それを思うと、あまりの事態に頭を抱えたくなってくる。

 6年前、秋葉原で事件を起こした加藤智大は31歳になった。

 何度か裁判で見た加藤智大は、なんだかマジックで描いたような、まったく感情の読みとれない目をしていたことが深く印象に残っている。

 彼は弟の死に触れて、何を思ったのだろうか。

"

被害者遺族と加害者家族 〜秋葉原事件犯人の弟の自殺に思う〜 の巻 - 雨宮処凛 (via makoto725)

(talbo-777から)

99 リアクション

"

もしも財布を拾ったら、あなたはどうするだろうか。多くの人が交番に届けるに違いない。なかには、中身を確認して本人に届ける手段を模索するかもしれない。いずれにしても、落とした人が困っていると簡単に想像できるはずだ。

アメリカで落とし主に対して、気の利いた心遣いをした人物があらわれ、話題になっている。高校生のものとみられる財布を拾った、サマリア人の男性はなんと財布に余分にお金を加え、人生におけるアドバイスを添えて、学校に届けたのである。彼の心遣いは、心を豊かにしてくれるヒントのようだ。

・学生証で生徒のものと判明
クリスチャン・レイエスさんは、米フロリダ州で行われたマイアミ・マリーンズの野球開幕戦を観戦していた。そこで財布を拾ったのである。学生証から高校生のものであることが判明、それを学校に届けたそうだ。

・20ドルとメモ
事務所に財布を届け、「生徒の誰かが財布を落としたようです。ちゃんとこの財布が彼の元に届くようにして欲しい」と伝え、去ったのだ。実はこの財布のなかに、レイエスさんは余分に20ドルを入れておいた。以下のメッセージを添えて、財布を届けていたのである。

「あなたが世界は素晴らしい場所であるとわかってもらえるように、20ドルを入れておいた。お願いがある、あなたが恵まれていると思うのなら、ほかの誰かのために素晴らしいと思う行いをして欲しい」

・誰かの助けに
きっと財布を失くした生徒は、落胆していたに違いない。もしかしたら、絶望的な心境に陥っていたかもしれない。そんな生徒の気持ちを見越して、余分にお金を入れ、同じように落胆しているかもしれない人の助けになってあげて欲しい、そうお願いしたのだ。

・学内で共有
学校の教頭はそのことを知ると、そのメモを撮影して学内のスタッフに共有したそうだ。財布を拾ってラッキー! と思う人がいるかもしれない。だが、それは落とした人のものであり、相手は間違いなく困っているはずである。その気持ちを察して、さらに世のためになる知恵を伝えたレイエス氏は、本当に豊かな人なのではないだろうか。

"

【感動】財布を拾った男性が20ドルとメモをそえて落とし主に返す / そのメモの内容が素晴らしいと話題 - ロケットニュース24 (via darylfranz)

(ryusoulから)

187 リアクション

"駅の定期売り場がものすごい行列だったんだけど、それを見て「何で3%の為にここまで執念持って並べるのに、消費税上げますって選挙には行かないの?」って嫁が言ってた。"

Twitter / otto_morgen (via kuzira8)

ガソスタもひどかったなぁ

(via cole107)

(mingonovから)

997 リアクション

"

若者が酒を飲まない理由が解った。昔は酒を飲んでウサをはらすしかなかった。まさに飲まなきゃやってられないという状態。酒を飲んで酔ってさえいれば、先輩だろうが上司だろうが、少々の暴言はokだったし、「先輩は何も解っていない!」とか「課長はなんでボクばっかりに意地悪するんですか」といったような甘えも許された。むしろ、酒の席ではそうやってガチで激論をする事が良いとされた。そして飲んで笑って泣いて会社の人達との一体感を高めていった。会社でなくとも、親戚、友人などとの関係もそうやって作り上げていくものだった。

こうやって酒を飲む事で、他人の考えている事を知ったり、自分の考えている事を発言したり、理想と現実のスリ合わせやら、会社では教えてくれないような事なんかを学んでいった。もちろん、全員が全員では無いけど、概ね、そうやって大人になって行くものだった。それが20世紀だ。酒という飲み物そのものの魅力もあるが、たんにアルコールという成分が必要だったんだろう。

さて、若者は酒を飲まない。こちら側からすると、そんなんで人生の機微はわからんだろう、何も知らんクソガキめとなるわけだが、実は全くそうではない事に気が付いた。21世紀の若者は酒なんか飲まなくても、自由に感情をありのままに発露できるネットがある。仲良くできるやつを探して、同じもの、同じ体験を共有することもできる。もちろん、泣いたり笑ったりもできる。悩みも聞いてくれるし、同じ悩みを持つやつと知り合いにもなれる。適切なアドバイスがもらえたり、別の角度からの意見ももらえたり。年齢、地位を問わず知り合いになれる。周囲との一体感を持つくらい簡単なのだ。アルコールなんて必要無い。携帯、もしくはPCと回線があればいいのだ。アルコールより健康的で、経済的で、かつ優れている。

だからこそ、会社人間である必要も無くなる。人間は寂しがりやだから、どこかで何かと繋がっていたい。一体感を持ちたい。20世紀の人間は家族や会社で繋がっていれば寂しくも無かったし、スキルも上げられる、人間も大きくなれるという感じだった。家族と会社と酒があれば、良かった。しかし、21世紀の若者にとって、会社とは自分の才能と時間をお金に変えてくれる装置でしかない。寂しさを解消したり、スキルを上げたり、楽しい事は全てネットにあるのだ。酒が必要な場面など無いのだ。

酒はもうすでに昔の人が利用していた便利なツールになってしまった。今はgoogleで検索すると色んな事が調べられる。昔は酒を飲んで、hogehogeっていったいなんなんだよ。と誰かに言う必要があった。目の前の人が知っていれば教えてくれるか、誰それに聞けばいいよと教えてくれた。もうほんとに酒って20世紀の便利ツール。

だから、21世紀の若者は以上に書いた点については、酒なんか飲む必要は無い。酒をツールとして使う必要は無いんだ。胸をはって酒を飲まないでいい。ただ、酒は20世紀の便利ツールだったという事を覚えておいて欲しい。その使い慣れた便利ツールを愛用する人がいる事を知っておいて欲しい。ネットを使いこなす人達は、ネットを使いこなせなかったり、ロクに使えない人を軽蔑したり、バカにしたりするだろう?酒を飲むオジサンにしてみれば、酒という便利ツールを使いこなせない、使おうとしない人を、ついバカにしてしまったりするんだ。同じなんだよ。

そう、みんな同じなんだよ、飲むやつも飲まないやつも。だからさ、下らない言い争いなんて止めてさ、ゆっくり飲もうよ。

もちろん、酒じゃなくていいよ。水でもお茶でも。

飲もうってのは、ゆっくり腹を割って話そうよって事だよ。

飲めば解り合えるよ。飲もうよ。

ん?飲めば解り合えるだなんて幻想?

うん、そうだよ、幻想だよ。

でも、飲めば解り合えるって事になってるんだよー

だから飲んでればいい。

20世紀に浸っていればいいんだよー

飲めば幸せなんてウソ。本当はみんな知ってる。

もちろん、ネットがあれば幸せなんてのもウソ。

幸せは酒にもネットにも無いよ。

どこにあるんだろうね。

今度、一緒に飲みながら探そうよ。

"

21世紀の若者が酒を飲まない本当の理由 (via petapeta)

(atm09tdから)

1,069 リアクション

"

【会議A】

エライ人A 「何か、最近、"スホマ"が流行っているらしいやないか。」

課長 「スホマ…?スホマ…???、あー、はい!スマホのことですね。」

エライ人A 「せや、"スホマ"や。夏の新製品はな、その"スホマ"とアレしてほしいんや。

課長 「アレとは…」

エライ人A 「何か、アレや。何か、こう、次の新商品で、"スホマ"で、ええ感じにアレしてくれたら、ええんや!!

課長 「なるほど!すばらしい!(スマホに関する機能があれば何でも良いんだな)」

【会議B】

エライ人B 「昨日、日経を読んだんだけど、クラウドがこれから重要になってくるみたいだね」

課長 「はい。最近はそうですね」

エライ人B 「では、次期新製品はクラウド連携をキーワードにがんばってくれんかね」

課長 「はい!分かりました!(クラウドというよりネットがつながれば良いんだろうな…)」

【部内定例会議】

課長 「と、言うわけで、スマホとクラウドをキーワードに、次の商品を企画することになりました。

主任 「え? うち洗濯機とかですよ!」
"

なぜ日本の伝統的メーカーは「エラい人のキーワードでモノつくる構造」を早くやめられないのか【連載:村上福之⑥】 |エンジニアtype   

一番アホなのは、課長ね、課長。
こいつが世のガンやからな。

偉い人は、そりゃ、思いつきで何でも言うよ。
それを抑止し、現場を守るのが、中間管理職の役目でしょうが。
世のバカな営業も同じ。
こんな奴に支払う給料は1円足りとも会社の実益に繋がらない。

(via mxcxrxjapan)

(edieeleeから)

452 リアクション